データベースシステム

講義概要
 データベース管理システムは、1970年代初めに実用化されて以来、あらゆる業種の企業、官公庁において利用され、IT社会のインフラストラクチュアを支える根幹のソフトウェアとして位置付けられている。
 本講義は、現在広く利用されている2種類のデータベースシステム、すなわち関係データベースとオブジェクト指向データベースについて概説する。前者につ いては、基本要素である関係モデル(関係代数、正規化理論)、データ操作言語、アクセス機構、トランザクション処理について、後者については、データモデ ルと特徴について説明する。
   1.データモデル
   2.関係モデル
   3.正規化理論
   4.関係データ操作言語
   5.関係データベース管理システムの構成・機構
   6.トランザクション処理
   7.オブジェクト指向データベース

他科目との関連
(a) 情報セキュリティ(3年前期)講義の一部でDBMSについてのsecurityに言及
(b) ウェブアプリケーション(3年前期)MySQL(free RDBMS)を使用した演習
(c) 情報科学実験Ⅱ(3年後期): MySQL(free RDBMS)を使用した演習

講義計画(2020年度 講義回数削減版)
 講義テキストを事前にダウンロードし、よく読んで概要を理解しておいてください。

 期日 回数  講義内容(テキスト: PDFファイル)
 5.11 第 1回    データベースとは    
        対象領域-実体世界の実例

 5.18 第 2回   データモデル  講義録画

 5.25 第 3回   関係モデル(1): 構造記述 講義録画

 6. 1 第 4回   関係モデル(2): データ操作言語(1) 関係代数 講義録画

 6. 8 第 5回   関係モデル(3): 一貫性制約記述(1) ドメイン/キー制約 講義録画

 6.15 第 6回   関係モデル(4): 一貫性制約記述(2) 関数/多値従属性 講義録画

 6.22 第 7回   関係モデル(5): 一貫性制約記述(3) 正規化理論Ⅰ 講義録画

 6.29 第 8回   関係モデル(6): 一貫性制約記述(4) 正規化理論Ⅱ 講義録画

 7. 6 第 9回   関係モデル(7): データ操作言語(2) SQL 講義録画

          実例-関係DB     実例-SQL

 7.13 第10回   データベース管理システム(1): 構成・機構
        データベース管理システム(2): トランザクション 講義録画
        答案formの格納形式(PDF化)
          

 【web試験を受ける際の諸注意】
     通信回線遮断等の対策  答案formのPCでの格納手順

 7.20 第11回  オブジェクト指向データベース
         (データベースシステムの将来: 今後の展望) 講義録画
        小テスト第2回(参照可、試験範囲:正規化理論 [第6回~第8回])
          

 7.27 第12回   期末(相当)試験(試験範囲: 第3回~第10回)
        通信回線遮断等の対策
        試験開始時刻 9:40、 終了時刻 10:25(途中退席可能時間 10:00~10:15)
          



使用書・参考書
出席・試験・評価